ギャバ 発芽玄米

ギャバを摂るなら発芽玄米の理由

ギャバは、健康ブームで雑穀米や発芽玄米が人気になって注目を集めるようになった有効成分の一つです。私たちの脳の中に含まれていて、正式な名称は「ガンマーアミノ酪酸」といいます。人間をはじめ哺乳動物の精髄や脳などにギャバが豊富に含まれていることが確認されています。

ギャバは、脳の代謝を促すための酸素供給量を増やす効果がある神経伝達物質で、現在とても注目されている物質です。更年期障害やストレスでイライラしている不安定な精神状態を改善させるほかにも、アルコールの代謝を促進して、腎臓や肝臓の機能を活性化させる効果もあります。

ギャバという物質が世間の注目を集めている背景には、現代の日本人がストレスに悩まされているということがあります。社会人ともなれば仕事や近所付き合いなどで理不尽な要求にも答えなければならない場合が多々あると思います。それに最近では子供のストレスも話題に上るようになってきました。

このようなストレスを緩和するためには、最近よく出回っているギャバを含んだ食品やサプリメントを摂取することが重要ですが、昔から我々日本人が親しんでいる和食の食材、漬物やお茶などにもギャバが豊富に含まれていることは、あまり知られていないようです。こういったことから日本食が見直されているようです。

ギャバは様々な食品に使用されていますが雑穀米や発芽玄米などから摂取する方が増えています。米は主食ですから、毎日欠かさず摂ることができます。とくに雑穀米は、普通の米に混ぜるだけでカンタンに作れますし、よりおいしくなると評判です。とくに低価格でギャバも豊富に含まれているのがやずやの発芽十六雑穀です。テレビCMでもお馴染みです。お米は主食ですから日常的に摂取して行けば生活習慣病の対策として効果が期待できます。

以下のリンクからやずやの発芽十六雑穀を
先着で通常より3小袋増量で手に入れられます。

↓↓
3小袋増量で「やずやの発芽十六雑穀」を買いたい方へ